スキル向上を目指す|忙しい人向けの勉強|お菓子作りは通信講座で学べる
男性

忙しい人向けの勉強|お菓子作りは通信講座で学べる

スキル向上を目指す

料理

レストランなどの飲食店を開くのに、調理師としての資格は特に必要ありません。お店を開く場合は防火管理者と食品衛生責任者の資格のみで十分であり、どちらも1日で取得できます(防火管理者は店面積300平米以上だと2日必要)。そのため、お店を開くために調理師免許を取得する必要は全くありませんし、調理師専門学校に通って料理の勉強をする必要もありません。しかし、良い料理をお出ししたいと思うのであれば、調理師専門学校に通うということは少し重要になってきます。
料理店の評判を安定して良いものにしたい場合、お出しする料理の味が安定している必要があります。たまに美味く、たまにイマイチな料理をお出ししていては評判も不安定になり、固定客はつきにくいです。しかし、専門学校に通って料理のスキルを学び、常に安定して旨い料理を出すことができれば安定した人気が出て、固定客がつきやすくなります。もちろん、独学でもそういった技術は身につけることができますが、プロの調理師に技術を学び、教わったほうがより早く習得することはできますし、レシピのレパートリーも増やせます。
ちなみに、調理師免許が必要な場合もあります。それは、ふぐを扱うときです。ふぐは種類によって毒のある部位が変わり、誤って調理をすると食中毒で死亡してしまう可能性があります。そのため、正しい捌き方を学ぶ必要があり、正しく調理できる証明として調理師免許を取得する必要があるのです。それ以外の場合は調理師免許の取得は必要ありません。